エッチ好きな男性女性の方におすすめのセフレサイト

セフレ(セックスフレンド)募集サイト!~地方でセフレもゲット!~

エロイプに飽きたらライブチャットを使って楽しむ方法がおすすめ

Pocket

女性と間接的に話す方法や、テレフォンセックスをする方法は1つだけではありません。ライブチャットを使う方法も存在しています。まずはライブチャットについて理解しておく必要があるでしょう。
・WEBカメラで映像を流せる
・遠い地域の人ともコミュニケーションが取れる
・男女のコミュニケーションを目的としたサービス
このような特徴があります。WEBカメラを使った映像は、双方で流すこともありますし、片方だけ流すことも可能です。

基本的には部屋にいる女性と周りの様子をリアルタイムで写し、利用する男性の顔などは一切写さないで、料金を支払って女性との会話を楽しむことが多いでしょう。エロイプは双方とも無料ですが、ライブチャットは商売で行っているのが一般的なので、女性は給料をもらい、男性は料金を支払うのが一般的です。

素人のエロイプに飽きたらプロのライブチャットを行う

エロイプは無料で楽しめるツールなので、基本的には男性も女性も関係なく無料になっています。それに対してライブチャットは業者が商売のために行っているので、女性を採用して給料を支払い、顧客である男性から料金をもらっているのが一般的です。そのため、エロイプは素人を相手にしますが、ライブチャットはプロを相手にすることになります。

プロということはお金をもらってライブチャットを行っているので、テレフォンセックスに応じてくれる可能性もエロイプより遥かに高いですし、面倒な会話をできる限り省いてテレフォンセックスに持ち込める可能性も高いでしょう。もちろん出会うことも不可能ではありませんが、女性は商売で行っているので、成功するとは限りません。

いくら料金を支払っているからと言って、何でも自由に行えるというわけではなく、きちんと定められている決まりの中で楽しむようになります。女性が嫌がっているのに、しつこく会いたいと迫れば、当然警察に通報される危険性もあるでしょう。テレフォンセックスでも積極的に応じてくれる女性なら、多少過激なことでも行ってくれることがあります。

ただし、全ての女性が過激なことも行ってくれるとは限りませんので、何度も強要させる行為はやめましょう。基本的なルールなどは、ライブチャットのサービスを提供しているサイトに記載されているので、利用前には必ず読んでおく必要があります。また、いくら料金を支払っているとは言っても、基本的には一般的な恋愛と同じような感じだと思うべきでしょう。

では、どのような人がライブチャットを利用するのかというと、女性と話したい人や、テレフォンセックスをしたい人がメインなのですが、エロイプに飽きてしまった人もいます。エロイプは素人が相手なので、どうしてもテレフォンセックスができる可能性が低くなってしまうのです。ライブチャットなら成功率も高いので、乗り換える人が多いと言えるでしょう。

しかもお金をもらっているプロなので、サービスも素人とは全く異なります。ちなみにライブチャットは特別なソフトをインストールする必要はありません。エロイプはスカイプをインストールする必要がありますが、登録すると退会できないというデメリットがあるので、スカイプを避ける人がライブチャットを使うこともあるのです。

ライブチャットで楽しめるプレイ

ライブチャットも利用者を楽しませるサービスを行わなければ、当然利用者がどんどん減少してしまうでしょう。そうなれば運営している業者の利益が出ないので、利用者を楽しませるサービスもいろいろとあるのです。重要なのはどのようなプレイが楽しめるのかという点ですが、その1つがテレフォンセックスです。

テレフォンセックスという言い方がテレクラなどのサービスという見方をすれば、ライブチャットの場合には疑似セックスという呼び方の方が適しているでしょう。スカイプはテレビ電話と言っても過言ではないので、エロイプを使って行うのはテレフォンセックスという呼び方が普通ですが、ライブチャットはテレビ電話とは異なります。

よって疑似セックスという言い方で解説させていただきますが、この疑似セックスをライブチャットで行う場合、人によってやり方が多少異なっているのです。最も多いのは、アダルトグッズを使って行う疑似セックスで、特に男性側はオナホール、女性側は電マやローターなどが多いでしょう。

双方ともにアダルトグッズを使うことが多いものの、女性によっては使うのに抵抗があるという人もいます。このような場合には、男性だけ使うことが多いでしょう。そんなアダルトグッズにもいろいろな商品が存在しています。どれを使うのかはその人によって異なるので、この時点でやり方が異なっていると言えるでしょう。

もちろんアダルトグッズは一切使用しないという人もいます。普通にエッチな会話を楽しみたいという人もいるので、このような利用者の場合には、時間までずっと話をしていることが多いでしょう。もちろんエッチな話をしなければいけないという決まりはありませんので、愚痴を言うことや世間話をするのに利用する人もいるでしょう。

それならお金を支払ってライブチャットをする必要もないと思う人もいるでしょうが、近年はコミュニケーションが苦手な人が多くなっています。そこで料金を支払い、ライブチャットを使って話をしたいという人が増えているのです。だからこそ疑似セックスだけではなく、会話のみで楽しみたいという人も増加傾向にあると言えるでしょう。

疑似セックスを楽しみたい人の場合には、女性の声だけで興奮する人も多く、女性側には声だけ出してもらい、特にWEBカメラで映像を見る必要がないという人もいます。これもプレイ方法の1つだと言えるでしょう。逆に自分は相手の映像を眺めているだけで、女性のオナニーをじっくりと見たいと希望する人も多いのです。

大人もおもちゃを使って楽しむ

ライブチャットを利用して疑似セックスを楽しみたいと考えている人の多くは、大人もおもちゃ、いわゆるアダルトグッズを使うことが多いでしょう。アダルトグッズにはたくさんの種類があるのですが、前項でも少し紹介したように、男性に人気なのはオナホール、女性に人気なのが電マになっています。

疑似セックスの場合には、本当のセックスのような感触がないので、自分で気持ちのよい刺激を与えるようになります。自分自身の手で気持ちよくしてもよいのですが、映像を見ながらではうまくいかないこともありますし、少しでも本格的な感じを求める人が多いと言えるでしょう。そこでおすすめなのがアダルトグッズなのです。

アダルトグッズを使うことによって、より本格的なセックスのように感じることができるので、ライブチャットを利用する際には使う人も多いのです。多数存在しているアダルトグッズの中には、数百円で購入できる物もあれば、1万円を超えるような高級グッズも存在しています。現代は長年続く政治家の悪政によって、生活が厳しい人が多いでしょう。

しかもライブチャットで支払う料金も必要になることから、比較的安い物で問題はありません。安いアダルトグッズでも、本格的な商品は揃えられています。電動になると若干値段が高くなるでしょう。どのようなグッズを購入するのか悩んでいる人は、インターネットで大人のおもちゃのランキングを確認しておくことをおすすめします。

その中でレビューなどを参考にして、よさそうな商品を購入すればよいのです。頻繁にライブチャットを利用するという人は、1つのおもちゃだけでは飽きてしまうので、3種類ぐらい購入するのもよいでしょう。人気になっているのは、コードが邪魔にならないコードレスの商品です。コードレスの商品は充電式や乾電池を使用します。

そのため、持続時間が短くなってしまうのですが、それでもライブチャットを楽しむぐらいなら十分持つでしょう。もし同じアダルトグッズを使って複数回ライブチャットを楽しみたいのであれば、使用後のメンテナンスもしっかりと行う必要があります。特にローションを使用した場合には、しっかりと洗い流しておきましょう。

ライブチャットを利用している年齢層は広い

ライブチャットは幅広い年代の人が利用しています。パソコンを全く使用しない人が多い団塊の世代や、利用規約に反する年代である子供でない限りは、使っている人がいると思って間違いありません。ちなみにライブチャットを利用している平均的な年代は、30代から40代になっていると言います。

ライブチャットを使う人の目的はいろいろとあるのですが、多くの人は疑似セックスを目的としています。しかし、普段女性と話す機会がないという人や、普通に女性と話すのが苦手という人が利用していることもあるのです。そこで年代別にどのような利用者が多くなっているのかを見ていきましょう。

思ったより少ない10代や20代

10代や20代の場合には、30代や40代に比べると、ライブチャットを利用している人の数が少なくなっています。それには理由がいくつかあるのですが、第一にライブチャットは数千円の利用料がかかるので、初任給がかなり下げられている現在では、働いている人であってもライブチャットを利用するような余裕がない人が多いのです。

学生であればなおさらでしょう。第二に10代や20代の若い人というのは、比較的同じ年代の女性と話す機会が多くなっています。特にアルバイトをしている人や、学生の場合には、異性と出会うきっかけが多くなっているので、特にライブチャットを使って女性と話す必要がないのです。女性と接することがあまり得意ではないという男性でも、趣味に没頭することが多い年頃です。

寂しいと感じるような年代ではないので、あえてライブチャットを使わないという人が多いのでしょう。第三に親と同居している人が多い年代なので、家でゆっくりとライブチャットができないからというのも理由の1つです。無理をしてまで使いたいと考える人が少ないと言えるでしょう。もちろん他の理由で利用しない人もいます。

最も利用者が多い30代や40代

ライブチャットを利用することが最も多い30代や40代ですが、この年代になるとある程度経済的にも余裕が出てくることが多くなります。また、結婚をして子供ができ、妻が子供のことにばかり目が行ってしまい、夫婦仲が覚めてしまう人もいるのです。そうすると男性は寂しい思いをするでしょう。

そこでライブチャットを利用して、女性と話をしたり疑似セックスをしたりすることが多くなるのです。特に30代の後半から40代の前半にかけて多いと言えるでしょう。近年は政治家の悪政によって、この年代でも生活が苦しく、結婚しない人も多くなっています。そうするとより一層寂しさが増すので、ライブチャットを使う人が増えるのです。

実際既婚者も利用者は多くなっているのですが、独身の人の方が利用する人は多いでしょう。この年代になれば、さすがに親の世話になっている人は少ないので、1人暮らしをする人が多くなります。そうすれば自由にパソコンを使うことも可能になるので、誰かに気を使うことなくライブチャットができるのです。

思っているよりも多い50代以上の年代

ライブチャットは50代以上の人も利用しています。60代の人でも利用している人はいるのですが、さすがに70代以上になると、利用者の数はかなり少なくなってきます。50代の人はまだ仕事をしているのが一般的なので、癒されるために利用する人が多いと言えるでしょう。50代ぐらいになると、職場でも管理職や取締役になる人が増えます。

そうすると社長や会長などからも文句を言われ、部下からもいろいろと言われることがあります。取引先ともよく話をするようになるので、ストレスが溜まりやすい年代なのです。お酒も弱くなってきますし、場合によっては頻繁に病院通いをすることになる人も多いので、お酒を飲むキャバクラではなく、ライブチャットを使う人が多くなります。

このぐらいの年代であれば、比較的パソコンを使っている人も多いので、普通にライブチャットを使うことは十分可能でしょう。60代になってくると、パソコンを使ったことがないという人も増えてきます。しかし、60代になると定年退職になるので、やることがなくてライブチャットを使うという人もいるのです。

近年は60代になって定年退職をしても、年金の支給額が減らされていますし、増税や介護保険などでお金を吸い上げられてしまうので、アルバイトをしている人も多いでしょう。アルバイトは比較的年代が狭くなっていることが多く、60代の人が働く職場というのは、高齢の人が多いのも特徴です。

そうすると若い女性と話す機会が減ってしまうので、ライブチャットで若い女性と話したいと考える人が多いのでしょう。これが70代の団塊の世代になってくると、パソコンを全く使ったことがないという人も激増しますし、あまりパソコンを使いすぎると目が疲れてしまうという人が多いので、最初の方でも触れたように、パソコン自体を使う人が減ってしまうのです。

そのため、ライブチャットをしている人の数も激減してしまい、一部の人だけが利用している状態になります。パソコンを覚えるのも面倒と感じる人が多いので、ライブチャットをよく利用する年代は、10代から60代までと言ってもよいでしょう。そうすると平均的な年齢が、30代から40代になりますし、この年代が最も多くの人が利用しているのです。

ライブチャットができるおすすめのサイト

ライブチャットが行えるサイトはたくさんあります。どこを利用するのかによって若干異なってくるのですが、大きく分けると3つのジャンルに分類することができます。1つ目は若い女性が中心のアダルト関連のライブチャット、2つ目は熟女や人妻中心のアダルトライブチャット、3つ目はノンアダルトです。

若い人向けのライブチャットは、10代や20代がメインになっています。もちろん利用する人の多くはエッチな会話や疑似セックスを目的としている人が多いでしょう。若い人が多いので、比較的スムーズにエッチな会話や疑似セックスに応じてくれる人が多いでしょう。そこで10代や20代の女性がいる若い人向けのおすすめライブチャットを紹介します。

それは料金が安いことが売りのライブチャットジュエル、ギャル系やセクシー系など、いろいろなタイプの若い女性が多いライブチャットエンジェルがおすすめです。他にもたくさんおすすめのサイトはあるのですが、初めて利用するという人は、定番であるこの2つの中から選ぶのがよいでしょう。

熟女や人妻がメインになっているライブチャットは、エッチ目的で利用する人も多いのですが、愚痴や悩みを聞いてもらいたいという人も利用しています。また、料金が若い人がメインのライブチャットよりも安く設定されているので、熟女や人妻が好きという人が多く利用しているのも特徴でしょう。

おすすめのライブチャットは、若い20代の人妻も多く在籍しているライブチャットマダムライブや、ある程度高い年代の人が多くなっているチャットピアがよいでしょう。チャットピアは登録している熟女や人妻の数も多くなっているので、利用者が気に入る女性が在籍していることが多いのです。

最後にノンアダルトのライブチャットですが、このタイプはエッチな内容の会話や、疑似セックスは基本的に禁止です。エッチな会話程度ならまだしも、疑似セックスを求めるのはやめましょう。主に20代後半から30代が多くなっています。料金も比較的安くなっているところが多いでしょう。

どのようなところがおすすめなのかというと、若くて清楚系な女性が多いライブでゴーゴーや、ギャル系や熟女も所属していることが多いマシェリなどがよいでしょう。もちろん他にもいくつかおすすめのライブチャットがあるのですが、主な目的は話し相手になってもらうことです。比較的ノンアダルトのライブチャットも人気があります。

投稿日:

Copyright© セフレ(セックスフレンド)募集サイト!~地方でセフレもゲット!~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.