セフレ作りのコツ

セフレサイトを活用しよう

更新日:

Pocket

出会い系サイトは利用した事があるけど、セフレサイトはちょっと抵抗がある。
そんな人もいるのではないでしょうか?
なぜセフレサイトが抵抗があるのか?というと、セフレサイト=特殊な性癖の人達が集まるアブノーマルなサイト。
そんなイメージがあるのかもしれません。

確かに特殊な性癖の人はセフレサイトで相手を探す傾向はあります。
それに一昔前まではセフレサイトはちょっとアンダーグランドなサイトだった事も事実です。
しかし今日そもそもセフレというイメージに変化が現れています。

セフレを作るのは特別な人ではありません。
ごく普通の人でも、セックスをするための友達とも言える関係であるセフレを作る時代なのです。
ごく普通の人がセフレを作るわけですから、そんな普通の人が集まるセフレサイトだって普通のサイトだと言えますよね。

どんな人が利用しているのだろう?とビビッていたら、利用してみたら普通の人が利用していて安心したという体験談の人もいます。
出会いがないと感じる人が増えていますが、その中でもセフレの出会いは日常生活の中ではなかなか難しいですよね。
特に日常生活は変温に、波風立たずに過ごしたいという人は、セフレはこっそりとセフレサイトで作るべきだと言えるでしょう。

利用方法は一般に出会い系サイトと大差ありません。まずは相手から信用されない事には関係は発展しようがありません。
ただ、利用目的が出会い系サイトでセフレと出会う事という目的の違いだけです。
その事を理解しておかないと、知らぬ間に女性に対して失礼な発言などをしてしまう可能性があるので気を付けて下さいね。
特にファーストメールは第一印象を決める重要な役割を果たすメールなので気合を入れて書きましょう。

出会い系サイトでセフレと出会う

出会い系サイトでセフレと出会った男性の体験談です。
男性は職場は男性ばかりの職場です。
女性経験も多いとは言えず、日常生活に出会いは全くありません。
そんな中で出会いを求めて出会い系サイトを利用しました。

しかし出会い系サイトを利用し始めた当初は男性は奥手で「セフレ」という言葉の意味すら知らなかったぐらいです。
ですからそんな自分がまさか出会い系サイトでセフレを作るようになるとは、思っていませんでした。

そのセフレの女性と出会ったきっかけはメールのやり取りからでした。
彼女は年上で、まるでお姉さんと出来の悪い弟みたいな関係でした。
メールのやり取りをして、しばらくすると、彼女の方から食事でも?と誘われました。

この時も食事だけするつもりで、会いにいったので、まさかその後の展開があんなふうになるなんて思ってもいませんでした。
食事を食べ終わると、今度は彼女はホテルに行かない?と誘ってきました。
もちろん、こんな据え膳を断る男性はいませんよね。

当然ホテルへ行く事になりました。
そしてホテルでセックスをする時にも、お姉さんと出来の悪い弟の立場は変わりませんでした。
彼女に、愛撫の仕方から挿入の方法まで全て教えてもらいました。
さすがに童貞ではありませんでしたが、年上のお姉さんを喜ばすテクニックはなかったので、一から特訓です。
ようやく及第点をもらえるぐらいには、セックスのテクニックも身に着いたのではないかと思っています。

お互いに恋愛感情はありませんが、時々食事をして、ホテルへ行ってセックスをする。
そんな居心地のいい関係に、自分の方が甘えている感じです。

たくさんメールを送るのが面倒な人は

出会い系アプリでは男性はたくさんのメールを女性に送る事になります。
なぜならメールを1通送ってもその相手からメールの返事がくるのか?というと
こない確率の方が高いので1通送って返事がこなかったからまた1通別の相手に送るという方法をとっていたら
実際に出会えるまでどれだけ時間がかかるか分かりません。
そのため返信率を上げるためにはとにかくたくさんメールを送って返信がきた相手とメールのやり取りを始めるというわけです。

しかし出会い系アプリの攻略法でよく言われるのはコピペメールを送ると女性はそれがコピペメールだと分かるから
返信がこない、どれだけコピペメールを送っても無駄だ、ちゃんと1通ずつその人が興味のありそうな話題で
メールを書かないといけないと・・・・確かにそれは正論です。
しかし1通のメールを書くのに15分や30分もかかっていたら時間がどれだけあっても足りません。

そこで時間を縮小するためにテンプレートを作っておけばどうでしょうか?
自己紹介などは毎回変える必要はありません。○○さん、初めましてというふうに相手の名前を呼びかけた方が
親近感が増すので○○のところに相手の名前を入れて、そしてそのテンプレートに共通の話題を付け足せば
それがコピペメールだとは相手も気づきません。
後は地元ネタや必ず笑いが取れる鉄板ネタなどもテンプレートとして用意しておいて
いくつかのパターン別にテンプレートを作成する事でメールを書く時間はぐっと短縮出来るはずです。
後は相手の反応を見ながら自己紹介などはより返信率が高まる女性から好感を持たれるものに修正していくといいでしょう。

プライベートな質問はどこまでしていいのか?

出会い系アプリで知り合った相手とはお互いに何も知らないところから関係がスタートし
メールのやり取りの中で相手がどんな人なのか知っていきます。
しかし出会い系アプリで知り合った相手だからこそどこまで相手のプライベートに関する質問を
してもいいのか迷う事もあると思います。

もちろん出会い系アプリで知り合った相手でも最初は距離感があっても親しくなり
意気投合して恋人同士になればプライベートな質問をしても構わないと思いますが
みんながみんなそんな関係を望んでいるわけではありません。

しかしながらこれだけは最初に知っておきたいというプライベートな質問もあります。
まず相手が未婚者か既婚者かという点です。既婚者でも不倫目的で出会い系アプリを利用している場合もあります。
不倫目的であればなおさらお互いの秘密を守るために余計な情報は知らない方がいいわけですから
プライベートな質問は最低限にしなければいけません。
でも会う事が前提の出会いですから相手の住所や最寄り駅は聞かない方がいいですがどこなら会えるか
会える場所の範囲は確認しておく必要があります。またどんな仕事をしているかは知らない方がいいですが
その仕事によっていつなら会えるかは聞いておく必要があります。不倫目的の女性であれば平日の昼間に
会う事を希望する女性も少なくありません。営業などで昼間仕事を抜けれる人ならともかくそうではない人も
多いですし、それをメールのやり取りをして1ヶ月後に聞いたらメールのやり取りの1ヶ月間が無駄な時間になるので

どんな目的で出会い系アプリを利用し、どこで会えるのかいつ出会えるのかは最初に聞いても問題ないプライベートな質問です。

ポイントが残りわずかになったら

出会い系アプリで購入したポイントが残りわずかになった場合は注意が必要です。
なぜならポイントがゼロになった時点で出会い系アプリのサービスが利用出来なくなってしまうからです。
ちょうど気になる女性といい感じにメールのやり取りをしていてそろそろ会えそうな雰囲気になってきていたらどうでしょうか?
最悪のタイミングだと写メの交換をしない?と持ち掛けて相手がOKしてくれて写真を添付した状態で
あなたのポイントがゼロになった場合です。

ポイントがなければ返信が出来ません。
普通のメールのやり取りの場合なら
「ごめん、ポイントがなくなってしまってポイントを購入して反映するのに時間がかかって返事が遅れてしまいました」
で話はすむ事かもしれません。
しかしそれまで毎日その日のうちにメールの返信をしてくれていた人が写メを送った途端に返信がこなくなった。

自分の写メを見てがっかりして突然音信不通になったすごく失礼な人という評価になり、
相手も怒ってあなたからのメールの受信拒否してしまうかもしれませんし、後からメールをしても
本当は・・・・と疑ってかかる気持ちが消えないでしょう。
せっかくのチャンスを潰してしまわないようにポイントが少なくなったらゼロになる前に余裕を持ってポイントを加算しておきましょう。
ポイントが購入してから反映されるまでにどれぐらいの時間がかかるのかはサイトによりますし、支払い方法にもよるでしょう。
ネットバンクならリアル入金され即ポイント反映されるケースもありますが、銀行入金の場合は9時15時過ぎの場合は処理が翌日に
なってしまいますし、これが金曜日の夜なら月曜日の朝まで待つ事になるかもしれません。
クレジットカード払いならさらに時間がかかる可能性もあるので余裕をもって購入しましょう。

関連記事

    None Found

-セフレ作りのコツ

Copyright© セフレ(セックスフレンド)募集サイト!~地方でセフレもゲット!~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.