エッチ好きな男性女性の方におすすめのセフレサイト

セフレ(セックスフレンド)募集サイト!~地方でセフレもゲット!~

セフレに中出しは厳禁!中出しする事でのデメリットはこんなにも!

セックス好きな男性にとって、「中出し」は禁断の果実のようなもの。
やってはいけないとわかっていても、ついついやりたくなってしまう。
そういうものではないでしょうか。
禁断の果実に手を出してしまうと、のちに後悔することになるかもしれません。
これから「中出し」のデメリットをじっくり解説していきます。
改めてよく理解し、決してセフレに中出ししないよう心がけて下さい。

中出しで妊娠する可能性は何%?

中出し、と聞いてまず心配になるのは「妊娠」ですよね。
そうなるとセフレに中出ししたらどのくらいの確率で妊娠するのか気になりませんか?

1回の中出しで妊娠する確率が1.6%と言われています。
1年間中出しをした場合に妊娠する確率は85%であるといわれています。

避妊をした場合でも1年間のセックスで妊娠する確率は?

  • 中出し 85%
  • 外出し 4-19%
  • コンドーム 3-14%

85%といっても人によってセックスをする回数は違いますし、一年間毎日中出しセックスをする人はごく僅かでしょう。回数を特定するのは難しそうです。
2014年にアメリカ人の一年あたりのセックスの回数と調べた研究結果があります。
スキンシップが日本人よりも多い印象のアメリカですが、実はアメリカでもセックスの回数は年々減少傾向にあるようです。
性に関する学術誌「Archives of Sexual Behavior」が行った研究結果によると、アメリカ人のセックスの回数は1990年代は平均して年間60回から62回でした。
2000年に入るころから徐々に減少傾向になり、2014年には年間53回程度まで減ったそうです。
引用:Forbes
これらのデータから、一年間に53回セックスしたとして妊娠する確率が85%であれば、セックス一回あたりの妊娠の確率は1.6%になりますね。
一回あたりに換算すると結構低い数字になりますが、0%でない以上危険は伴います。
ましてや複数回中出ししていたら、そのうちに当たってしまうでしょう。

そもそも中出しの何がいいの?

そもそも妊娠を望んでいない相手とのセックスで「中出し」は、女性にとってなんのメリットがあるのでしょう。
男性の場合は、「征服感ある」だとか、「イクときに抜かなくていいから気持ちいい」といいます。
しかし、女性の方はどうでしょうか。
中出しという行為自体にそれほど快感を感じる女性は少ないようです。
「イッた後も繋がっていられる」という事については愛情や幸福感を覚えることはあるようですが、だからといって中出ししてほしいという女性はわずかでしょう。

メンヘラちゃん(ピルを飲んでいない)はよく『中出しして』とおねだりする場合があります。
中出しされることで、愛情を感じたりしているのでしょうか。
それともただ単に、既成事実を作ろうとしている場合もあるのでしょう。
それで中出しする男性は危機感がなさ過ぎると言わざるをえません。
中出しはリスクが高いわりに、どちらにとってもそんなにメリットはありません。

結局「中出し」を「したい」と思う女性はごくわずかでしょう。
もし妊娠したら自分の体も胎児も大変なわけで、女性にとってはデメリットしかありません。

男性にとっても一時の快楽のみで、仮にセフレを妊娠させてしまった場合の事を考えると恐ろしいの一言です。

それでも中出ししたい!抑えておくべき妊娠確率が低い3つのポイントとは

中出ししたからといって必ず妊娠するとは限りません。
しかし妊娠の確率は出来る限り下げておきたいですよね。
中出ししても妊娠する確立を下げる方法にはいろいろなものがあります。

一番有名なのは安全日に中出しをするという方法です。
他にも女性の年齢が若くなかったり、妊娠しづらい体質などもあります。
男性側の原因で妊娠しづらい場合もあります。
それぞれの可能性について見ていきましょう。

安全日を簡単に計算し、中出しをする。「オギノ式」」

女性が妊娠しやすい時期を「危険日」、しづらい時期を「安全日」といいます。
そのため安全日を予測することができれば中出しをしても妊娠する確率は下がります。

オギノ式は昭和初期に産婦人科の荻野久作医師によって考案されました。
月経周期を基準として排卵時期は「生理予定日の12日から16日前の5日間」と考え、排卵日を予測します。
例えば毎月の生理予定日が20日であったとしましょう。オギノ式に当てはめると排卵日は当月の4日から8日あたりということになります。
排卵日の前後3日は危険日です。
排卵日を含めた前後3日を避ければ妊娠しづらいというわけです。オギノ式はもともと不妊治療のために考え出されたものでした。危険日にセックスをすれば妊娠しやすいですよ、という意図だったのです。
しかし別の医師が「避妊法」として転用し、オギノ式=安全日を知るものというイメージが定着しました。
オギノ式は避妊に確実な方法ではなく、安全日などは無いとさえ今日では言われます。

40代以上のセフレを作って中出しする

女性がもっとも妊娠しやすい年齢のピークは22歳~25歳とされています。
医学的に、女性にとって妊娠に適した時期は20代であり、30代から徐々に妊娠する力が下がり始め、一般に40歳を過ぎると妊娠は難しくなります。
引用:ママリ 
したがって、熟女をセフレにすれば中出ししても妊娠する可能性は低いということになります。
50歳を過ぎている熟女であれば、妊娠する可能性は限りなく「0」になります。

低用量ピルを使用する

きちんと用法・用量を守って飲んでいれば妊娠する可能性は0.1%まで減らせます。
逆に言えば、低用量ピルを飲んでいる女性の1000人に1人が妊娠するということですね。
きちんと飲んでいないと意味がないので女性側が気をつけなくてはなりません。
保険が利かず月2500円~3500円の費用がかかります。
副作用として体が慣れるまで、吐き気、だるさ、頭痛を感じる場合があります。
いわゆる「つわり」の軽いものです。これらは一時的なものですが、2-3週間ほど続くことがあります。
又、乳房の張りは、3-6ヶ月続くことがあります。
ホルモンが安定すれば、不快な症状は消え、メリットだけを享受できます。
ただし実際に副作用を感じる人は非常に少ないようです。
ほとんどの方は、何も変化はありません。
また、服用を中止すればすぐに妊娠可能で、一ヶ月以内に排卵するケースがほとんどで、胎児にも悪影響はありません。

低用量ピルを用いた避妊が、唯一の中出しにおける確実性の高い方法と言えます。
安全に中出ししたいなら、セフレに低用量ピルをしっかり飲んでもらう必要があります。

中出しした後処理も大変

リスクもさることながら、中出しは後処理が大変というデメリットがあります。
やはり、膣内に直接出た精子の処理ってちょっと面倒なようです。

膣口にティッシュで蓋をしたり、力んで出したり、シャワーで洗い流すという方法があります。
まず、中出しをされて、ペニスが引き抜かれると精子の量にもよりますが、想像以上に精子が流れ出てきます。
ですからベッドが汚れるのですぐティッシュで蓋をする必要があります。
射精時の体位によって対処がやや異なりますが、正常位の場合は起き上がった時にドバっと出てくる可能性が高く、後背位や騎乗位の場合、そのまま抜くとベッドが汚れる可能性大なので、ペニスを抜く前に女性側が一度寝る体勢になったほうが良いでしょう。
精子は「ドロドロ」と表現されますが、液体ですから膣が下を向いているとすぐ出てきてしまいます。
その後シャワーで洗い流していきますが、シャワーでは中を洗いすぎると痛みを感じる場合があるので洗いすぎないように気をつけましょう。
膣内に残った精子の臭いもきついようです。

ついついセフレに中出ししちゃった!そんな場合のピルを使用する3つの対処方法

男性ならセックスにおいて憧れるのはやっぱり中出しですよね。
やってはいけないと理性では思っていて、さあ外だしって瞬間に「あっ!」
ついつい中に出してしまった場合、どうすればいいのでしょうか。
緊急対応の方法を知っておけば、いざというときに役に立つはずです。

まずはなるべく早く膣の中の精液を体外へと出すのが良いでしょう。
普通に体を起こすと精液が出てきてしまうので、気になる人はタオルやティッシュで押さえてトイレかお風呂へ移動し、洗い流します。

緊急避妊薬(アフターピル)「ノルレボ」を服用して緊急避妊する

コンドームをつけずに生でセックスしたり、コンドームが破れてしまうなど予想外の事態で避妊を失敗してしまうことがあります。
そんな時はセックスから72時間以内に病院を受診して緊急避妊薬(アフターピル)の「ノルレボ」を処方してもらいましょう。
黄体ホルモンのみが含有されているノルレボを2錠のみ、12時間後に再び2錠飲むだけです。
セックスから72時間以内にノルレボを服用することができれば約72%の確率で避妊が成功するそうです。
ただし、保険は適用されないため病院によって差はありますがおよそ20,000円ほどの費用がかかります。
また、薬を飲むだけで避妊できるからといって薬を飲み続けると、ホルモンバランスが崩れて吐き気や浮腫、腹痛や不正出血など体に不調をきたす恐れがあるため、ノルレボを服用することがないようにするのが一番です。

中容量ピル「フラベノール」を服用して緊急避妊する

本来は月経異常や更年期障害などの治療に使われるフラベノールですが、生理開始5日目から服用を開始することで1週間後に避妊の効果が表れます。
また、緊急避妊薬(アフターピル)としての使い方も可能です。
セックスから72時間以内に服用することで避妊の効果が得られますが、時間が経ちすぎるとその効果もなくなってしまいます。
あらかじめ手元に置いておき、避妊に失敗したと思ったらその日に服用したほうが良いでしょう。
ただし、かゆみや嘔吐、下痢や腹痛などの副作用が表れることがあるため服用には注意が必要です。費用は病院によって異なりますが、およそ3,000円~10,000円とノルレボに比べると安価で済みます。
しかも避妊の効果は約7割と高めなので手軽に手に入る部類に入りますが、それでも常用するのは女性の体に負担を強いることになります。

低用量ピルを服用して緊急避妊する場合

ピルを飲んでいると女性が言っている場合は、多くがこの低容量ピルを服用していることを意味しています。
低容量ピルは毎日1回復用することで排卵の抑制や子宮内膜の増殖を抑えます。
これにより精子の着床を防ぐためほぼ100%の避妊効果が期待できます。
費用も1シートで3,000円前後とお手頃で、難しい検査などを必要とせずに処方してもらえるのもメリットです。
毎日飲んでいれば緊急避難役として使用する以前に妊娠のリスクが減らせますが、途中で止めたり飲み忘れるとすぐに排卵が始まってしまうため注意が必要です。
避妊薬としての効果の他に、生理の痛みを軽減してくれたりニキビや肌荒れが少なくなるなど生理の辛さを軽減してくれる効果も期待できるため、毎回重い生理に悩まされている女性も服用しているそうです。
緊急避妊薬として低用量ピルを使用する場合は、セックスしてから24時間以内、遅くても72時間以内にトリキュラー・アンジュ・ラベルフィーユの黄色い錠剤四錠を1回で飲みます。
もしくはマーベロンとファボワールを3錠のみ、12時間後に再び3錠飲みましょう。
うっかりの時はすぐ病院に行って、薬を処方してもらうと言う事ですね。
どちらにせよピルを使用する事は、多かれ少なかれ女性の体に負担をかけます。
本当に万が一の場合のみ使用するに留めておきましょう。

まとめ

中出しは男だったらどうしてもしたくなるものですね。
それは性ですから、欲求はどうしようもないものです。
しかし考えてみてください。セフレに中出ししていまうということを。
もし独身の人なら、妊娠させてしまっても責任を取ることは可能ですし、最悪は女性に堕ろしてもらって決着をつけるという事も出来なくはないでしょう。
それでもお互いに大きな出来事であることには変わりません。
これが既婚者の場合どうでしょうか。
男性でも女性でも、あるいはどちらもそうであったなら、想像するだけで恐ろしい事態です。

中出しは確かに気持ちいいものです。しかし、それに伴うリスクに値するものではないはずです。
セフレに中出しすることのデメリットはお分かりいただけましたでしょうか。
この記事を読んでいただいた方は、くれぐれもセフレに中出しをされないことを切に願います。

投稿日:

Copyright© セフレ(セックスフレンド)募集サイト!~地方でセフレもゲット!~ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.

ハッピーメール